今後の大きな時代を
「ピクニック紀」
と呼んでみることにします。
どういうことか。

(生活と協調)
企業も個人も、競う時代ではなくなる。
競う意味や動機が失われ、むしろ弊害ばかりが目立つようになる。
ビジネスより生活に重心が移り、生活が主体となる。
勝敗のあるスポーツとは異なる、協調を生むピクニックに関心が集まる。

(環境という前提)
ピクニックは、オフィスや商店ではなく、野山で行う。
地球環境の意識と実践を持たぬものは、参加の前提すら得られない。

(あらためて人)
ピクニックには、改めて朗らかで豊かで魅力的な人間性が求められる。
技術や方法論や経験は、プロやAIで易く調達できる。
多様性という言葉で安心してはいけない。
選ばれるか、選ぶか、しかない。

(一人ひとりの中で)
ピクニックには、明確な目的やゴールはない。
アートのように、正解はなく各人の中で育み、育まれる。

(一人ひとりから、外へ)
今後のよきピクニックは、宇宙で行われるだろう。
もちろん、地球でも。
あなたの周りでもまだ沢山。

幸福?
それは、今あなたが想い描いたピクニック感のことである。
それらが伝播しあい重なりあって振り返ると、ピクニック紀となる。

遠山正道

IMG_6984.jpeg 437.79 KB

新種のImmigrationsB
1st ALBUM 「ピクニック紀」
7/15 ストリーミング配信予定 🍑

1 虫と笑った
2 10時0分
3 檸檬ホテル
4 跳ばないリス
5 デューク
6 めんえき
7 青いシール
8 木本梨絵さんのこと
9 希求
BONUS TRACK)m-61 part E

ポエム/遠山正道
ギター/澤田知子
ドラム/澤田アンドレ詩生
テルミン/街角マチコ
コネクター/森脇淳一 

アート/植田 工
写真&デザイン/ヤン・ケビン

IMG_6782.jpeg 319.96 KBIMG_6783.jpeg 330.27 KB